【第33回】日本人のリタイアの考え方

ソニー生命による先進国15カ国での調査で
日本人はもっともリタイアするための準備をしていない国民
という結果が出てしまいました。

「リタイア」とはつまり、
お金のために働く必要がないこと。

働かな‘きゃいけない’
ではなく
働いても働かなくてもいい

どっちでも選択できる

そういう状態のことを言います。

仕事であれ、
趣味であれ、
家族との時間であれ、
自分にとって大切にしたいものやことを
最優先にできる状態です。

海外の人は
日本人と比べて
リタイアをどう早めるかを考えています。

また、現役世代でも
大好きなことや大切にしたいことを
大切にできるように
自分だけでなく、お金にも働いてもらって
週3,4働くなんてスタイルも多いです。

日本人が頭が悪かったり、能力が低いんじゃなくて
リタイアという考え方を
知らない、教えてくれる人がいない
ただそれだけで人生がこんなにも違うのです。

この調査によると他にも
  • 日本の勤労者も退職者も、退職後の所得の半分は国の年金制度から得られると考えている
ともいわれています。

馬場大地の初めて 以前のお金の話

東京・大阪・北海道・福岡・名古屋・鹿児島にて、お金のセミナー、個別相談会開催。 皆さまのマネーリテラシーを上げて、 身の回りの人たちから 日本人の個人資産を上げてゆきます。

0コメント

  • 1000 / 1000